読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨルダン留学日記

22歳にして初めて一人暮らし@ヨルダン

焦らず笑って前を向いたら(3月16日/220日目)

【単語・表現まとめ】
☆→アーンミーヤ
☆「ライター」قَدّاحة/ وَلّاعة
「人が~するのを止める」أوقفه عنها
「人に会う」التقى
「計画」خِطّة/ مخطَّط/ مشروع
「後援者」عَرّاب
「スキャンダル」فضيحة- فضائح
「ひどい」فظيع
「国際連合」الأمم المتحدة
「安全保障理事会」مجلس الأمن
「~を支える」دعَم- يدعَم، دَعْم
「動機」مبادرة

【ロストバゲージの時に使える表現】
☆「私は悪くない。あなたたちの過失だ。」مش غلطي. هدا غلطكم.
☆「責任を負うべきだ。」لازم تتحملوا المسؤولية.
☆「家までカバンを持ってこい。」جيبوا شنطتي لشقتي.
【近所の子供たちに怒る時に使える表現】
☆「危ない」خطير
☆「ダメ」غلط
☆「やめろ」ما تسوّوا/ ما تعملوا
☆「お父さん、お母さんはどこ?」وين والديكم؟

 

語学学校の先生はいつも始まる前に「最近何かあった?」と聞いてくれるので、近所の子供が火遊びしてて、こちらに燃えている新聞を近づけてきて危なかったが「危ない(خطير)」と「やめろ(ما تعملوا)」くらいしか言えなかったという話をしました。ついでに使える表現も聞いておきました。そういえば一人の子供は「俺じゃない!(مش أنا)」と言ってきたのですが、「悪いとわかってるならやるな!(إذا بتعتقد هذا مو منيح، ما تعملوا.)」と言ってやりたかったな…。


友達とも「これ何ていうの?」とか「こういう時何て言えばいい?」みたいなやりとりはよくやってるんですが、先生とやるのはまた違っていいですね。まず先生に状況を全部説明しないといけない。その説明も適宜訂正してくれるのでありがたい。ちなみにルームメイトがロストバゲージしたのですが、これが色々面倒なことになって、アラビア語で意思疎通出来なくてもどかしい~状態になっていたので、そういう時に使える表現も聞いておきました。