読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨルダン留学日記

22歳にして初めて一人暮らし@ヨルダン

サプライズ(2月20日/196日目)

【単語・表現まとめ】
☆→アーンミーヤ
「~が流れる」استدَرّ
「~に影響される」انفعل لـ
「~を理解する」عقَل- يعقِل، عَقْل
「~との接触;交流」احتكاك بـ
「いたずら」عَبَث
「産物」وليد
「問題を提示する」أثار مسألة
「~が現れる」بشَأ- ينشَأ/ نشُؤ- ينشُؤ، نَشْء/ نُشوء/ نَشْأة
「理想、モデル」مَثَل- أمثال/ قِدْوة/ قثدْوة
「~が離れる」فلَت- يفلِت، فَلْت
「~を制御することが出来ない」فلَتت الأمور من يده= لا يستكيع أن يسيطر عليه
「神(創造主)」خالق
「~を害する」جنى- يجني، جِناية على
「~を不当に扱う」ظلَم- يظلِم، ظَلْم/ ظُلْم
「絶望的な」يائس
「試練」بَلْوى
「~の実例となる」ضرب مَثَلا لـ
「導入の」تمهيدي
「~を理解する」استوعب
「(漁、狩猟の)わな」مِصْيَدة- مَصايِد
「ネズミ」فَاْر- فِئْران
「自殺する」انتحر
「(変化など)に慣れる、適応する」تأقلم في
「~を褒める」أشاد به
「目撃する」شاهد بأم عينيه
「足を踏み入れる」رطَأ- يطَأ قَدَمُه
「~へと導く」آل إلى/ أدّى إلى
「幼少時代に」في طفولته
「EU」الاتحاد الأوروبي
「~を認める」اعتمد
「暗示、示唆、ほのめかし」إيحاء- ات
「いずれにせよ(one way or another way)」بشكل أو بآخَر/ بطريقة أو بأخرى
「~の間」إبانَ
「偽名を使う」انتحل الأسماء الكاذبة
「ネット;ネットワーク」شَبَكة- ات/ شِباك
「自殺する」انتحر
「辺鄙な」ناءٍ
「隠れている;暗い;不思議な」غامض
「冒険」مغامرة
「発展途上国」دولة متخلِّفة/ متأخِّرة
「快適さ」رِفاه/ رِفاهِية
「輝いている」مُبْهَر
「~と交流する」 تفاعل مع
「見た目」سَحْنة/ سَحَنة- سَحَنات/ سُحَن
「~を手に入れる」ظفِر- يظفَر، ظَفَر على/ بـ
「利益」مَكْسَب/ مَكْسِب/ مَكْسِبة- مَكاسِب
「~の報いとして」بالمُقابِل
「(考えなど)を公にする」شاع- يشيع، شَيْع/ شُيوع بـ
「(考え、匂いが)嫌悪を起こさせる」منفِّر
「~と結婚する」تزوج منه
「(態度・考えが)オープンな」منفتِح
「(態度・考えが)閉鎖的な」منغلِق
「列強」الدول العظمى/ الكبرى
「ジグザグの」متعرِّج
「~を嫌悪する」احتقر
「~を示唆する」أشار/ نوّه إلى
「~へと至る」آل- يَؤول، أَوْل/ مَآل إلى
「興味をかき立てるような」مشوِّق
「人種;要素」عُنْصُر- عَناصِر
「記述」سَرْد
「古参の」مُخْضَرَم
「皮肉っぽい」تهكُّمي
「非難されるべき、受け入れられない」مستهجَن
「~に特徴づけられる」اتَّصَف بـ
「快適さ」رَخاء
「~に都合の良い」ملائم لـ

☆『オオカミ少年』の説明
羊飼いの少年が退屈しのぎに「オオカミが出た。」と嘘をついた。大人たちは騙されて武器を持って出てくるが、徒労に終わる。少年が繰り返し嘘をついたので、大人たちは少年のことを信用しなくなり、実際にオオカミが現れた時、誰も助けに来ず、羊は全て食べられてしまった。
الراعي كذب أن الذئب جاء ليقضي المَلَل. الناس صدقوا كلمته وخرجوا من بيوتهم وهم يأخذون الأسلحة، ولكن هذا كان بِلا جَدْوى، والراعي كذب مِرارا وتكرارا، لذك فقد ثقته ولما الذِئب جاء فعلا، ما كان الذي جاء ليساعد الراعي،وأكل الذئب كل خروف

「退屈をしのぐ」قضى على المَلل
「オオカミ」ذِئْب- ذِئاب/ ذُؤْبان
「~を騙す」خدَع- يخدَع
「徒労に終わる」بِلا جَدْوى
「繰り返し」مِرارا وتَكْرارا
「信頼を失う」فقد ثقته
「実際に」فِعْلا/ فِعْليا/ بالفِعْل

 
f:id:j7mu5arb:20170220045134j:image

友達に「明日、別の友達のサプライズ誕生日パーティーするから大学に来てね。」と言われて行ったら、一枚紙が引いてあるとはいえ、雨が降ったばかりの地面にケーキが…。駐車場の一角にケーキが…。ほんであんたらケーキの近く歩くんかい!砂!!と思いながらも私も美味しく頂きました。サプライズ自体は花火みたいなロウソクに火を着けている間に主役が来てしまい、「何の為に何分も前からケーキ箱から出してロウソク差してたんだよ!」と突っ込みたくなる結末になりました。余ったケーキを、近くで談笑してるカップルにあげるか、警備員の方にあげるかで、議論になるところも面白すぎる。しかしケーキのクリームを顔に塗るという遊びだけは許せない(塗らせませんでした)。


f:id:j7mu5arb:20170220045154j:image

あああああもうそういうのは勝手にやってくれ…。ああ面倒。こっちはこっちの予定があるんだよ…。忙しいんだよ~~~~~!私は勉強しに来てるんだよ~~~~~!